FXで破産地獄に陥る理由5つ|破産者になる確率や自己破産の仕組みまとめ


FXで破産と聞くと、何やら恐ろしく感じます。でも、本当にFXで自己破産することはあるのでしょうか? その確率や防ぐ方法を知っていますか? そして、もし破産した場合、自己破産することはできるのでしょうか。

この記事では、FXで破産する仕組みや破産に陥る5つの理由について解説していきます。恐怖は人の判断を鈍らせるものです。たとえわずかでも、わだかまりや疑問を抱えていては、何事も成功しづらくなります。この記事読んで、自分がどれくらいのリスクを抱えているのか、そして全てを失う可能性もゼロではないということをきちんと把握した上で投資に向き合うことをおすすめします。

1.FXで破産する仕組みと破産の確率


この章ではまず、FXで本当に借金を負うことはあるのか?ということに解説します。そして、稀な破産のケースや確率について見ていきましょう。

1-1.FXで失敗しても借金しないで済む仕組み

結論から言うと、通常日本でFXをしていて、破産することはほとんどありません。なぜそう言えるのかというと、あなたがレバレッジをかけてどれだけ損失を出そうと、取引会社はあなたがFX口座に入れているお金を全て使っても回収できないほどの損失を出してしまうのを許さないからです。

つまり、あなたが口座に入れている資金以上の損が出れば、その場でポジションは強制的に決済されてしまいます。ですから、悪くでも口座に入れているお金がゼロになり、借金を負うことはないというのが普通です。こうした仕組みは、ロスカットとか強制ロスカットと呼ばれています。

考えてみれば、当たり前のことです。取引会社も商売でやっているのですから、回収できないほどのお金をあなたに貸すことはありません。取引会社の予想範囲を超えて、結果的にそうなってしまうことはもちろんありますが。

1-2.FXの破産で毎日が借金地獄になることもある?

取引会社が損をしないように強制ロスカットの仕組みが存在しているのに、不思議ではありませんか? ネットを見るとFXで破産した、借金を負ってしまったというのはよく見る話です。彼らは強制ロスカットの仕組みをかいくぐり、取引会社が回収できないほどの損失を出してしまったということでしょうか?

多くの場合、答えは別のところにあります。彼らは取引会社がお金を貸してくれない代わりに、別のところからお金を借りてきて、ポジションを保とうとしたり、新たに大きなポジションを取って一発逆転を狙ったりするのです。借り先は、消費者金融が一般的でしょう。こうなれば、好転することは稀です。他人に借りたお金でFXの取引をすれば、どんなに心が強い人でもまともな精神状況を保つことは難しいからです。

その結果借金をした分においても損失を出してしまい、別のお金の借り先を探し始めます。そうなれば、借金が借金を生む破産地獄に陥るのも時間の問題となるでしょう。

1-3.FXで破産に陥る確率は?

前項では極端な例を紹介しましたが、破産といっても様々なレベルがあります。例えば、取引会社に入れた資産がゼロになることを破産と定義する人もいるでしょう。

では、資金がゼロになる確率はどのくらいあるでしょうか。その一つの目安が、自らのトレードの勝率と損益率です。
勝率は、儲けが出たトレードの数を総トレード数で割ったものです。また、損益率は、すべてのトレードの利益額の平均をすべての損失額で割った数値になります。式で表すと以下になります。

勝率 = 儲けが出たトレード数÷全トレード数
損益率 = 全トレードの利益の額÷全トレードの損失の額

この2つを把握すればあなたがどれくらいの確率で破産に至るかが簡単にわかるのです。どうやってわかるかというと、ナウザー・バルサラという数学者が破産確率から導き出せます。

例えば、一回の損失額が資金の10%以内だとして、あなたの勝率が50%だとしても、損益率が0.2以下なら確実に破産します。勝率40%なら損益率が0.4以下で100%資金がゼロになるでしょう。勝率20%なら損益率が1.4でも確実に破産することになります。

反対に破産しないラインはどこになるでしょうか。勝率50%で損益率が2.8以上なら破産することはまずありません。勝率60%なら損益率が1.8以上、勝率70%で損益率が1以上、勝率80%で損益率0.8以上なら破産確率は限りなくゼロに近くなります。

通常はこのような理想的なトレードはできません。大抵は、これらの間でせめぎ合っています。その中で少しでも破産確率をゼロに近づける努力をしていくのが、相場で継続的に利益を出す方法だといえるでしょう。以下にこの確率表を示しますので、実際のあなたのトレードに当てはめてみてください。

2.FXで破産する理由5つ|体験談を分析した結果


この章では、なぜFXや株で破産するのかを実際に見聞きしたことや、体験談などを分析した結果導き出した答えを紹介します。自分の取引がこれに近くなっていないか常にチェックしましょう。どんなときでも自分の取引を客観的に見て分析し把握すること、これが投資で結果を出す最初の一歩になります。

2-1.FX破産者は儲けることより損することを意識する

破産者の考え方の特徴として、「損を出したくない」という意識が強いということが挙げられるでしょう。「そりゃあ誰だって損は出したくない」とあなたは感じるかもしれません。でも、その意識が過剰だと、損切りするべきときに損切りできなくなったり、損を出したときは何とか取り戻そうと大きなポジションをとったりといった行動に走ります。

どんなに分析しても、意図と違う方向に価格が動くことはよくあること。その時に損を出すのは必要経費です。そのことがよく理解できていないと、幼稚な取引に終始し、資産を大きく減らしてしまうことになります。

2-2.FXで感情にまかせると破産に近づく

当然ですが、感情に左右された取引をしていると、どんどん破産に近づいていくでしょう。はっきりいうと、相場に感情は不必要な要素です。勝ったからうれしいとか、負けたからむかつくとか、そういうものは何のプラスもなりません。また、相場の値動きは、自分が努力したからといって変えられるものでもないのです。

あなたが相場で稼ぎたいと考えているなら、自分が冷静さを失い感情的になっていると気づいたとき、どういう行動をするかをあらかじめ決めておいてほしいです。それは相場で大損をしないための貴重なルールになります。たとえば、損を出して感情が高ぶったときは、ポジションをすべて解消して、その日1日はチャートを見ず取引もしないなどです。

2-3.FX破産者は動画やブログを盲信する

FXや株取引の動画やブログの中には有益なものも存在します。けれど、それを盲信して取引を行えばたちまち危険なものになるでしょう。知識は知識として持っていていいのですが、それを一度自分の頭で考えてみるという習慣が大切です。

人の頭で考えたものを無条件に実施していると、良い時は問題ないのですが、状況が悪くなったときに、どう対処すればいいのか自分で考えられなくなるのです。他人の考えを取り入れることは結構ですが、FXや株で長期的に儲けられる人は精神的に自立した人だけです。

2-4.FXで主婦に多い失敗や破産

主婦でお子さんが小さかったりすると、外で長時間働くこともできず、かといって家計も厳しいという状況が生まれがちです。そこで、主婦がFXなどの投資に手を出すことはよくあることです。中にはカリスマ主婦トレーダーなども誕生しています。

けれど、こうした情報を鵜呑みにして、大きな損失を出してしまう主婦は結構多いです。日中比較的自由に、取引ができるのは有利な要素ではありますが、取引回数が増えるというデメリットもあります。また、家族に内緒にして始めると、損失を出したときに、何としても取り返さなければならないという状況に陥ります。こうした精神状況が大きなポジションをとることにつながり、破産の第一歩となります。

ですから、ただ稼ぐことだけを考えるなら私は在宅ワークのようなものをおすすめします。ネット環境の普及により、現在は在宅ワークのハードルはかなり低くなっているからです。また在宅ワークなら少なくとも資産が減るということはありません。

それでも、FXをやってみたいという場合は、まず家族の了解を得てほしいと思います。損失などを出して、自分ひとりで自分の感情をコントロールすることは案外難しいものです。そんなとき、相談できる人が一人でもいれば、少なくとも破産するような大損は避けることができるはずです。

2-5.EU離脱やトランプ相場でのFX破産者多数

相場の世界では、多くの人の予想と反対の値動きをすることがあります。例えばイギリスのEU離脱やアメリカでトランプ大統領が誕生したときなどです。

イギリスでは、EU離脱を巡って、2016年6月に国民投票が行われました。多くの人はイギリスがEUを離脱するわけがないと考えていました。けれど、結果は、わずかな差でEU離脱投票が上回りました。それを受けて株価が大暴落し、為替相場も大きく変動しました。

また、2016年11月のアメリカ大統領選挙では、多くの人の予想に反してドナルド・トランプ候補が勝利しました。マスメディアでは、トランプ氏が大統領になれば、株価は暴落し急速に円安が進むとみられていました。けれど、いざ蓋を開けてみると、全く逆の値動きが起こります。この値動きは、経験豊富なトレーダーでも予測できなかったのではないかと感じます。

上記のようなイベントによる急激な値動きがあり、2016年の相場予想はなかなか難しいものがありましたが、恐らく株やFXなどでポジションを持っていた人は、大きな損失を出しているはずです。破産した人も多かったでしょう。

こうしたことから得られる教訓は、大きなイベントがあるときは、ポジションを解消するということです。あなたがこうしたイベントについて、他のトレーダーよりも多くの情報を知っているなら話は別ですが、一般の人に予測できるようなものでは基本的にありません。

もちろん上手くいけば、大きな利益を出せる可能性があることは否定しませんが、けれどそれで儲けたからといって、いちかばちかのギャンブルで儲けたのとあまり変わりがありません。トレード技術の向上には、なんら寄与しないことがほとんどなのです。

3.FXの破産は免責できる?自己破産できない仕組み


では、FXや株で思わぬ価格変動が起き、不幸にも借金をかかえるような事態になった場合、自己破産はできるのでしょうか? 法律では、ギャンブルや投機行為での自己破産はできない仕組みになっています。

けれど、実際には、破産法252条2項で「裁判所は、破産手続開始の決定に至った経緯その他一切の事情を考慮して免責を許可することが相当であると認めるときは、免責許可の決定をすることができる。」と定められています。つまり、ギャンブルや投機行為での借金であっても、裁判官の裁量によって自己破産できるということです。毎年多くの破産者が自己破産の申し立てをしていますが、自己破産できないケースはほんのわずかです。もちろん過信は禁物ですが、いざというときの知識として持っていてもいいでしょう。

4.おわりに|FXで破産を防ぐには?


いかがでしたでしょうか。FXで破産という漠然としたイメージで恐ろしさを感じている状態よりは、具体的に知識を知ることで、その恐怖がやわらいだのではないでしょうか。でも恐怖がやわらいだからといって破産を防げるわけではありません。むしろ恐怖が破産からあなたを守っていたともとれます。

もし、あなたがFXや株などの取引きをしていきたいと考えているなら、最初は儲けることはあまり意識せず、どうやったらうまく取引できるのかを考えてみることをおすすめします。そして破産を防ぐには、なんといっても余裕資金で取引を行うことです。余裕資金で行っている限りは、感情的になりづらいからです。そして、うまくいかないときは相場から離れることです。ポジションをとることは義務でもなんでもないのですから。

なお、FXなどの相場でどうしても勝てないというあなたは、以下の記事を読んでみてください。あなたが勝てない本当の理由がわかるでしょう。

FXで勝てない仕組み|勝てなくなった原因と全く勝てない本当の理由