FX手数料はなぜ無料なのか?|スプレッドの仕組みや安い業者を徹底比較!


あなたは、これからFXを始めたいと考えているかもしれません。「FXの手数料はいくらかかるの?」「FXの手数料は無料と言われているけれど本当なの? 無料なのには、何か裏があるんじゃないの?」と疑問に思うのは当然のことです。この記事では、FXの手数料の仕組みや、FX業者がどうやって利益を出しているかを解説。さらに、実際にいくら手数料がかかるのか、どこのFX会社がお得なのかまでを解説します。

この記事を読むことで、FXの手数料にまつわるカラクリが理解でき、どうすればあなたが得をするかということまでわかります。ぜひ記事を読んで、自分に有利な取引をしてください。

1.FXの手数料はなぜ無料なのか?その仕組みとは


株式取引では、株を買ったり売ったりするときに手数料がかかります。また、売買する数量によって手数料は高くなっていきます。しかし、FXではほとんどの業者が手数料無料をうたっています。手数料が無料であれば、業者は儲からないんじゃないの?と思いますよね。けれど彼らはちゃんと稼いでいます。この章では、FXの手数料の仕組みを解説して、どうして無料にできるのかなどを説明していきます。

1-1.fxの取引手数料は実際いくら?本当に無料?

率直にいうと、最近はFXの取引手数料は無料にしているFX会社がほとんどです。つまり手数料は0円です。けれど、手数料がかかっていないからと言ってあなたが損をしていないとは限りません。

手数料以外のところで、取引が不利になるような仕組みが作られています。そして、FX業者はその仕組みで儲けています。その仕組みがスプレッドです。これについて次項で解説していきましょう。

1-2.FXの仕組みを知るカギ。スプレッドとは

ここではFXの実質の手数料とも言える、スプレッドについて、例をあげて説明してみましょう。例えば、現在ドル円が110.50円だとしましょう。あなたが、このドル円を買おうと思ったとします。しかし、現在表示されている110.50円では買うことができません。売る時も同じで、110.50円では売れないのです。FXでは、通貨ペアを売買する際に、買いレート(ASK)と売りレート(BID)が示されています。
例えば、

現在価格 110.50円
ASK 110.55
BID 110.45

という具合です。つまり、買う時は現在の為替の価格よりも高く買うことになりますし、売る時は現在の為替の価格よりも安く売ることになります。この価格差がスプレッドです。

1-3.FX会社は手数料無料でどうやって儲けるのか

勘が鋭い方はもうお分かりですよね。FX業者は、このスプレッドが儲けの一つになっています。スプレッドを広く取っている業者ほど利益を抜きやすいです。つまり、同じ時間にドル円を買おうとしてもFX会社によって価格が違うということが起こります。

また、儲けの手段はスプレッドだけではありません。実際に見比べてみればわかりますが、例えばドル円が今現在いくらかという提示は、FX会社によって違います。誤差レベルのものですが。詳しく言うと、あるFX会社(仮にAとしましょう)では今現在のドル円の価格が、115.00円と提示されているのに、別のFX会社(仮にBとしましょう)では、114.99円と提示されているということが起こっています。

FX会社はドル買いの注文が入ったら、インターバンクからドルを仕入れてきてそれを売っているのです。この時インターバンクから買い取ってくる値段が、114.98円だったとしたら、Aの会社は0.2銭、Bの会社では0.1銭儲けているということになります。

たったこれだけの儲けなら大したことがないと思うかもしれませんが、FXは1日に膨大な取引が行われていますし、巨大なロットで取引する人もいます。となると、チリも積もれば山となるではないですが、一回一回の取引での儲けは少なくても大きな利益になっていきます。

ちなみに、FXのレートは、相場の状況によって、FX業者によって自由に設定できることになっています。わかりやすいたとえをあげると、時計のロレックスを買おうとしたら、店頭で示している価格はお店によって微妙に違いますよね。近所のお店では定価で売られているけれど、遠くのお店では割引されていたり。これと同じことをFX業者はやっているということです。

けれど、ここで考えておかなければならないのは、時計ならそのお店で値段を見て買うかどうかをじっくり決めればいいけれど、FXの取引はタイミングが重要になってきます。また即決しなければいけない状況もあります。そんなときに、こ他の業者のレートはどうなっているかなんて、いちいち確認していられません。割高であっても決済するときは決済しなければならなくなるでしょう。ですから、FX業者を決める際は、基本のスプレッドが低い業者を選ぶのはもちろんですが、提示している価格が妥当かという視点も持っていた方がいいかもしれません。しかし、おおっぴらにやればもちろん叩かれますので、提示している価格の違いは多くの場合誤差レベルと考えても差し支えありません。

なお、上記のようなFX業者によって提示されている価格が違うのは気持ち悪い。もっと公平な取引がしたい!という人のために、別の取引方法が用意されています。それがクリック365クリック365ラージです。

クリック365とは、各FX会社が、株で言えば東京証券取引所のような取引所を使って取引を成立させる仕組みです。ですから、クリック365では、FX会社が勝手に値札を変えることはできませんし、スプレッドも統一されています。つまりどのFX会社で取引しようと同じ時間に取引すれば、全く同じ価格で取引ができます。

1-4.FXの実質手数料を計算すると


多くの場合、FXの実質の手数料はスプレッドだということが理解できたと思います。では、スプレッドという名の手数料はいくらかかるのでしょう? それは各FX会社が設定している基本のスプレッドを見てみればいいのです。例えばGMOクリック証券ならドル円のスプレッドは0.3銭に設定されています。とすると10,000通貨(1ロット)を買う場合は、以下のような計算式になります。

買う通貨量×設定されているスプッド=実質の手数料

これに数値を当てはめると、

10,000通貨× 0.3銭= 3,000銭 = 30円

つまり手数料は30円ということです。では、100,000通貨(10ロット)の場合はどうでしょう。

100,000通貨× 0.3銭= 3,000銭 = 300円

となり手数料は300円となります。つまり売買するロット数が多くなればなるほど、スプレッドによる影響は大きくなると言えます。

1-5.タイミングによってはFX手数量は割高な事も

上述したように各FX会社では、実質手数料とも言える基本的なスプレッドを公表しています。例えばAというFX会社では0.3銭となっていたとします。しかし、深夜や早朝になると、頻繁にスプレッドが0.7銭に広がったり、重要指標前になると10銭以上スプレッドが広がったり、ということが起こります。「低いスプレッドが魅力でこのFX会社にしたのに、頻繁にスプレッドが広がるなら結局割高じゃないか」と誰だって思いますよね。

とはいえ、これは、どのFX会社でもある程度やっていることです。一気に為替相場が動きそうな時に注文が入れば、FX会社はインターバンクから仕入れてきて顧客にポジションを渡さなければなりません。でも為替変動が激しいときは、仕入れた瞬間に為替価格が大きく動いているということが普通に起こります。ですから、スプレッドを広げてこのリスクに備えているのです。こうしたリスクにどれくらいスプレッドを取っているかは、それぞれのFX会社によって違います。

1-6.FXロスカット手数料に注意

FXは手数料無料をうたっているところがほとんどですが、どのFX会社を使っていても必ず手数料を取られるケースがあります。それは強制ロスカットになったときです。

強制ロスカットとは、レバレッジなどをかけていて、大きな為替変動が起きた際に現在の資金では足りないので追加で資金を入れてくださいと連絡がきた際に、追加で資金を入れられなかったときに、FX業者がこれ以上損失を出す可能性を防ぐために、強制的に決済することです。

私もかつて経験がありますが、強制ロスカットの際の手数料は結構高いです。確か1ロットあたり1000円近い手数料でした。しかし、そのような状態になっているということは、損失の方がもっと大きいと思いますので、この手数料さえ気にならないかもしれません。

どちらにせよ強制ロスカットのような状態にならないためにレバレッジを制御したり、ポジションを調整したりすることが、何より重要です。私は一度強制ロスカットを食らって目が覚めたと言いますか、結果的に良かったこともあるのですが、あなたにはあのような惨めな思いはして欲しくはないですね。

2.FX(為替)取引会社の手数料を比較


この章では1章を踏まえて、ではどのFX会社で取引するのがいいのかを比較・検討していきます。FX会社は、人によって評価が違います。その理由の多くは、その人が取引している時間帯によってスプレッドの広がり等が違うからではないかと考えています。ですから、本来は、あなた自身が、複数のFX会社で実際に取引してみて、自分に合ったものを見つけるのが手っ取り早いと思います。手間はかかりますが、口座を作るのは無料なので、やってみる価値は十分にあります。しかし、目安になるものも必要ですから、ここではあくまで私が取引した感覚での意見を述べます。

2-1.FX手数料|マネックス/gmo/dmmで安いのは?

基本となるスプレッドの広さは、通貨ペアによって違います。一般的に最もスプレッドが狭いのがドル円です。ドル円の基本スプレッドを狭くしているFX会社は、他の通貨ペアのスプレッドも狭い傾向にありますので、ここでは、ドル円のケースを中心に述べます。

スプレッドが安いとされているFX会社の代表格は、「DMM FX」「GMOクリック証券」「SBI FXトレード」などでしたが、最近では他のFX会社もスプレッドを狭めており、0.3銭以下を提示しているFX会社がほとんどです。さらに、スプレッドの幅はどんどん狭まっており、マネックス証券では、注文数量によっては0.2銭のスプレッドをうたっています。SBI FXトレードでは、1万通貨注文まで0.27銭です。

FX業界全体でみればどの会社もスプレッドを狭めてきている状況です。ですから、ドル円に限って言えば、一部の極端にスプレッドが広いFX会社を除き、どのFX会社も大差がないと言えます。

2-2.楽天や外為オンラインは手数料 が高い?

楽天FXはドル円に限って言えば、スプレッドが0.3銭と標準的ですが、ユーロ円になるとスプレッド1.1銭と少し割高かもしれません。他の手法FX会社ではユーロ円のスプレッド0.5銭程度です。
外為オンラインは、ドル円ではスプレッドが1銭、ユーロ円が2銭とどちらも割高といえるでしょう。

3.おわりに|オススメのFX会社は?


この記事では、手数料やスプレッドのことを長々と書いてきました。もちろんFXは何度も取引するものだし、その中で毎回スプレッドの影響を受けているなら、これは到底無視できないものになります。長くやればやるほど、その影響は大きくなっていくでしょう。

けれど、FX会社を選ぶ際に手数料やスプレッドと同じくらい大切なことがあります。それは、提供されている情報やツールをあなたがどれだけ頻繁に使用するかということです。このFX会社のニュースは取引をする際役に立つとか、スマートフォンのツールがこのFX会社は使いやすいとか、そう言ったこともかなり重要です。

具体名はあげませんが、あるFX会社のツールが非常に使いづらく、注文を間違って注文してしまっており大損したこともあります。そこは、感覚的なものもあるので、多くは語りませんが、ツールが使いやすいか、使いづらいかということもFX会社を選ぶ際に、一つの基準になるということは覚えておいて損はないです。私なら、スプレッド0.2銭くらいの差なら、ツールがすぐれているFX会社を選びます。

ツールが充実しているのは、GMOクリック証券、外為オンラインあたりです。ニュースが充実しているのは、外為どっとコム、外為オンラインあたりです。私があなたにすすめるなら、とりあえずGMOクリック証券と外為どっとコムの口座を作ってみることをすすめます。実際に取引をしないでも、ツールだけを使い続けることもできるからです。何度も言うようですが、これは個人の感覚によるところも大きいので、実際に使ってみてから取引してみることをおすすめします。