FXの取引時間 と時間帯ごとの特徴|各国の市場の傾向とおすすめの取引時間


FX会社の取引時間は、FX会社によって多少のばらつきがありますがおおむね月曜日午前7時〜土曜日午前7時までです。ただし夏時間(サマータイム)では月曜日午前6時〜土曜日午前6時までとなります。サマータイムとは、欧米を中心に広く用いられている、時計の針を1時間進めて仕事などを行う制度のこと。外国為替を扱うFXでもその影響を受けているのです。サマータイムの期間は、3月の第2日曜日から11月の第1日曜日までとなります。

この記事では、主要なFX業者の取引時間や、時間帯ごとの特徴、おすすめの取引時間などについて解説します。FXの時間について正確な知識を得ることで、少しでも取引を有利にしていきましょう。少しでも有利になる要素を積み重ねることが、勝率を高めることに寄与します。

1.FXの取引可能時間は?|土日もできるの?

1-1.FXの取引可能時間|月曜日の開始時間からいつまで

上記で、FXの取引時間は、各社により多少ばらつきがあると書きましたが、具体的には以下のようになっています。取引時間が長い順番に掲載します。

GMOクリック証券
月曜午前7:00〜土曜午前7:00(月曜午前7:00〜土曜午前6:00/ サマータイム)

マネックス FX
月曜午前7:00〜土曜午前6:55(月曜午前7:00〜土曜午前5:55/ サマータイム)

ライブスター証券
月曜午前7:00〜土曜午前6:55(月曜午前7:00〜土曜午前5:55/ サマータイム)

ひまわり証券
月曜午前7:00〜土曜午前6:55(月曜午前7:00〜土曜午前5:55/ サマータイム)

外為どっとコム
月曜午前7:00~土曜午前6:55(月曜午前7:00〜土曜午前5:55/ サマータイム)

DMM FX
月曜午前7:00〜土曜午前6:50(月曜午前7:00〜土曜午前5:50/ サマータイム)

SBI FX
月曜午前7:00〜土曜午前6:30(月曜午前7:00〜土曜午前5:30/ サマータイム)

ヒロセ通商 LION FX
月曜午前7:00〜土曜午前6:00(月曜午前7:00〜土曜午前5:00/ サマータイム)

インヴァスト証券
月曜午前7:00〜土曜午前6:00(月曜午前7:00〜土曜午前5:00/ サマータイム)

1-2.FXの取引可能日|祝日でも取引可能で土日は休み

FXは土曜日と日曜日は、基本的に取引できませんが、土日以外の祝日にも取引ができます。つまり、一部例外はありますが、土曜と日曜以外は市場が開いているということです。また、1月1日は市場が開いていないので曜日に関係なく取引できません。

2.FXの時間帯ごとの特徴と値動きの傾向


この章では、FXの時間帯ごとにどんな値動きになりやすいのか、ということを解説します。値動きを決める一番の決め手は、どれだけの数の参加者がいるかということです。参加者が多いと値動きも激しくなる傾向があります。

また、FXの時間帯ごとの値動きの傾向は、どの国の投資家が中心に参加しているのかということも大きな影響を及ぼしています。夜になると、その国の金融機関が開いていないので取引量は減ってしまいます。

では、日本時間の各時間帯で主にどの国の市場が動いているのか見てみましょう。

2-1.オセアニア市場|日本時間の5時〜14時

取引の中心時間は5:00~15:00になります。主にニュージーランドやオーストラリアで活発に取引される時間帯です。オセアニア市場は、週の初めに世界で最も早くオープンするため、週末のサプライズにいち早く反応します。ただし、市場規模が小さいので、値動きも限定的になることが多いです。

2-2.東京市場|日本時間の9時〜19時

取引の中心時間は9:00~17:00。日本・シンガポール・香港を中心としたアジア圏での取引が活発になります。とはいえ、欧州市場やニューヨーク市場に比べると参加者は少ないこともあり、経済指標に対する反応も小さい場合が多く、高値安値も限定的で、レンジ相場を形成することも多いです。また、日本の株式市場と連動することも多く、比較的読みやすい値動きを形成することもよくあります。

2-3.欧州市場|日本時間16時〜3時

取引の中心時間は16:00~24:00です。ドイツ・イギリス・フランス・スイスなどのヨーロッパ各国での取引が活発になります。また欧州市場は参加者が多いだけに、経済指標にも大きく反応します。この時間帯の特徴としては、オセアニアや東京時間に比べて、トレンドが発生しやすい傾向にあります。東京時間で頑なに守っていたレンジをたやすく超えていくのもこの時間帯によく目にします。また、経験上一方行に値が動きやすく、大勝ちできるチャンスも多いです。もちろん反対のポジションを持っていれば、大損する可能性も秘めています。

2-4.ニューヨーク市場|日本時間22時〜7時

主にアメリカでの取引が活発になります。日本時間22時〜7時といえば、現地ニューヨークでは、夏時間であれば9時〜18時にあたります。ダウのNY証券取引所は、現地時間の9:30~16:00に開いていますから、この時間付近、日本時間でいえば、22:00〜5:00が中心的な取引時間になるでしょう。ニューヨーク市場そのものが大規模なものですが、さらに欧州市場と半日重なっているため、ダイナミックな値動きを形成します。アメリカ系ファンドも多く参加しており、様々な思惑が渦巻いているため癖の強い値動きをすることも多いです。例えばトレンドを形成しているかと思いきや、今度は全く逆方向に相場が動いていくなど、初心者では読みづらい相場展開をすることも多々あります。

3.FXの取引時間帯のおすすめは?


FXの秘訣の一つに、自分の得意な取引時間帯を持つということがあります。FXは24時間動いていますが、その全ての時間に取引はできませんし、取引する必要もありません。自分が好きな時間、得意な値動きをする時間をつかんで、その時だけ取引すれば勝率は上がっていきます。

3-1.動きの激しい時間帯が儲かりやすい

FXで儲けが出やすい時間帯はやはり、値動きの激しい21時〜24時の時間帯です。この時間帯には米指標も多く発表され、相場が一気に動き出します。ただし、短期トレードの場合、指標をまたいで取引することはおすすめできません。半ばギャンブルのような投資になりやすいためです。

3-2.東京時間は値動きを読みやすい

株式取引をしている人なら、東京市場の値動きは比較的読みやすいと思います。日経平均株価と連動することも多いからです。ただし値動きは限定的になりやすく、少ない値幅を確実に取っていくような取引になりがちです。でもこうした取引をうまくできれば、安定的な収入につながっていきます。

4.おわりに|どの時間軸や時間足で取引するかも大切


この記事では、FXの時間帯ごとの値動きの特徴について解説しました。ぜひ自分が得意な時間帯を作ってください。それと同時に、チャートなどでどの時間軸で取引するかも重要です。日足なのか、4時間足なのか、5分足なのか。どの時間帯でどういった時間軸で取引すると、自分に合っているかということを、ぜひ意識してみてください。これを意識するか、しないかであなたの成長速度は格段に違ってくるはずです。

なお、チャートをより詳しく理解するためには、ローソク足の知識は必須です。以下の記事では、ローソク足について一生使える知識を解説しています。ローソク足だけですべてがうまくいくとは言いませんが、知っていないと大損する可能性も秘めています。ローソク足の知識に不安な方は、自分の資産を守るためにもぜひ一読ください。

ローソク足とは|一生使える見方・使い方や予測するためのパターンの読み方